次世代型革新高出力蓄電池
「金属触媒フリーリチウム空気電池」の開発

伊藤 良一
(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構(AIMR) 助教、現在、筑波大学 数理物質系 准教授

2018年6月16日土曜日

担当学生の研究奨励金贈呈式に参加しました

6月14日に公益財団法人加藤科学振興会による平成30年度研究助成金・研究奨励金贈呈式に参加してきました。加藤科学振興会は、わが国の電気化学工業の発展と創造科学教育の育成に日夜心血を注いで貢献された故東京工業大学教授加藤与五郎博士が文部省の許可を得て、昭和 17 年 2 月 24 日に設立され、創造科学に関する学術研究の奨励と創造科学教育の振興を図ることを目的としています。そのような素晴らしい趣旨を掲げる財団の研究奨励対象者に私が担当している学生が選ばれました。大変名誉ある奨励であり、学生にとって独立研究者への大きな一歩になることと思います。私も加藤科学振興会には助成金を頂きまして自由に研究させて頂き、学生ともどもこの場をお借りしましてお礼を申し上げます。



伊藤良一

2018年6月4日月曜日

本多記念研究奨励賞受賞

このたび大変著名な本多先生の学徳を永く顕彰することを目的として設立された本多記念会から本多記念研究奨励賞を頂きました。東北大学に在籍中に研究していた金属およびその周辺材料の成果が認められ、名誉ある賞を頂くことができました。この賞の中身はすべて東北大で得られた成果であり、東北大学の関係者の皆様が支えてくれたおかげです。この場を借りまして皆様にお礼申し上げます。これを励みに一層金属およびその周辺材料の開発を進めていく所存です。どうぞよろしくお願いいたします。


伊藤良一

2018年6月1日金曜日

熊谷研究助成表彰と東工大元学長

5/31に熊谷科学技術振興財団による熊谷研究助成表彰式に参加してきました。今回5名が選ばれまして、それぞれ独創的な研究をされて活躍されてる研究者ばかりでした。幸運にも私もその一人に選ばれまして大変励みになる表彰をして頂き、財団関係者の皆様、審査員の皆様に改めて感謝いたします。今後一層の独創的な研究が行えるよう精進したいと思います。

またその会場で私が学生だったころの東工大の学長である相澤益男先生にお会いすることができました。学生時代証書に名前が掲載されており当時はお会いする機会などありませんでしたが東工大を卒業してからこのような形で会うことができ、大変嬉しくて写真を撮らせていただきました。退官後はJSTの顧問などをされて日本の科学技術発展に尽力されているとのことで非常に広い視点で様々なお話を頂き、研究者のあるべき姿を見つめ直す機会を頂きました。貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。



伊藤良一

2018年4月24日火曜日

担当学生が研究奨励金交付対象者に選ばれました

私が担当している博士過程後期学生の胡凱龍君が平成30年度加藤科学振興会研究奨励金交付対象者に選ばれました。加藤科学振興会は精力的に若手研究者を支援している振興会で私も過去助成金を頂きまして自由に研究させて頂きました。今回の奨励は学生にとって大変励みになり一層の研究が進むと感じております。加藤科学振興会の皆様ならびに審査員の先生方に対して、この場をお借りしましてお礼を申し上げます。
また、私の自身が感じた自分の変化として自分が助成金に採択されるよりも学生が採択されるほうが嬉しいと感じました。一端の先生になれてきているのでしょうか。


伊藤良一

2018年4月1日日曜日

独立後の研究成果&プレスリリース

筑波大学に研究室を移して1年たちましたがようやく研究室が軌道に乗り、筑波大学で仕上げた研究成果を発表することができました。研究室の立ち上げ、初めての講義、学生の指導など仕事が山ほどある中、休日返上で自分で実験しながらこつこつ進めてきましたが納得のいく論文になりました。水素社会への貢献に繋がれば願います。

詳しい内容はプレスリリースをしていますので見やすいこちらをご覧ください。
原著論文は有料ですがACSジャーナルで公開されています。


伊藤良一

2018年2月23日金曜日

交換留学生の卒論と帰国

吴明星(Mingxing WU)君が筑波大学の短期交換留学プログラム制度(半年で卒業研究を完了させる)を無事やり遂げて中国へ帰国しました。最初は半年で卒論を仕上げる制度と聞いて大丈夫かなと思いましたが、毎日遅くまで実験をしさらに休日でも熱心に研究に打ち込み多くの成果を出し発表して修了となりました。半年間のプログラムを通して日本の大学は学生の教育をしっかりしてくれるから修士は日本の大学で学びたいといって参考書を買い込んで帰国していきました。これで今年度の卒研生全員合格となりました。



真ん中にいるのが吴明星君です。

伊藤良一

2018年2月13日火曜日

卒研1期生

私にとって1期生である卒研生の卒論発表会が無事終了しました。めでたく全員合格ということで一安心です。


左から倉持宏隆君、菊池優君、鈴木大君、中村浩一郎君、渡邊健太郎君

伊藤良一