次世代型革新高出力蓄電池
「金属触媒フリーリチウム空気電池」の開発

伊藤 良一
(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構(AIMR) 助教)

2015年9月18日金曜日

東大面接&さきがけ面接合否

当落
東大教員 不採用
さきがけ研究員 採用内定

東大面接
予想通りの結果に終わりました。初めての独立ポジションの面接ということもあり、自分の至らぬところや今後どうすればいいのかが鮮明となりとても良い勉強をさせていただきました。選考していただいた教授方に感謝をしつつ、今回の面接の反省を次回の面接に生かしたいと思います。

さきがけ面接
JST科学技術振興機構のプロジェクトであるさきがけ「再生可能エネルギーからのエネルギーキャリアの製造とその利用のための革新的基盤技術の創出」の3期生として内定を頂くことになりました。本研究提案採択は、これまでご指導をしていただいた教授陣、研究をサポートしていただいた多くの同僚、そして、本学原子分子材料科学高等研究機構(WPI-AIMR)のおかげです。ご指導・ご支援をしていただいた恩に報いるためにも、さきがけ研究総括と共に税金を無駄にしないよう頑張って研究を行い、少しでも日本のエネルギー諸問題解決に向けて科学技術面から真剣に取り組んでいく所存です。

私がさきがけプロジェクトで担当する概要
再生可能エネルギーは天候や環境などに大きく左右されるため発電のため不安定供給が難しく(例えば、曇ったら発電できない)、また、電力消費地から遠い僻地での発電は発電地と都市を繋ぐ送電コストが高く、折角発電した電力が有効に使われないという問題点がありました。このような有効活用されていない電力をエネルギーキャリア(水素、アンモニア、メタンなどの分子)という形に一旦変換し、保存&運搬をしようというのがエネルギーキャリアの主旨の一つだと考えています。つまり、電気は貯められませんがエネルギーキャリアに一旦変換してしまえば、長期保存&圧縮運搬が可能になります。このような電気の貯蓄を可能にする基盤技術の開発を目指します。この基盤技術が理想的に完成した暁には、例えば再生可能エネルギーから水素生産が可能となり燃料電池車普及に必要とされている水素ステーション等の水素供給源の一つになると期待されています。

再生可能エネルギーからのエネルギーキャリアの製造とその利用のための革新的基盤技術の創出
平成27年度 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)の新規研究課題及び評価者について(第1期)


伊藤良一

4 件のコメント:

  1. さきがけ内定,おめでとうございます!
    同世代の研究者としてとても刺激を受けます.
    教員採用の件は残念でしたが,さきがけ内定で引く手あまたになるのではないでしょうか.
    ますますのご活躍を祈念しております!

    返信削除
  2. 高坂さんありがとうございます。さきがけはたまたま自分の研究と領域が合致していたので幸運でした。しかし人事はみずものですから・・・。来年4月に向けて本格的に就活していますがなかなか決まりません。私の所属している研究所の若手はどんどん転出していますので私も流れに乗って出れるように頑張ります。

    返信削除
  3. 伊藤さん
    さきがけ内定、おめでとうございます!
    いや~すばらしい。
    教員内定にも、いい結果を及ぼす事になると
    いいですね。祝杯!!

    返信削除
  4. ありがとうございます。この連休もずっと10月からスタートするさきがけの予備研究をしていました。忙しくなる一方ですね・・・。やさしいセミナーを早めに開催してよかったです。

    返信削除