次世代型革新高出力蓄電池
「金属触媒フリーリチウム空気電池」の開発

伊藤 良一
(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構(AIMR) 助教)

2015年9月4日金曜日

やさしい科学セミナー開催@東北大学WPI-AIMR

9月2日に東北大学原子分子材料科学高等研究機構(WPI-AIMR)にてやさしい科学セミナーを開催いたしました。対象は宮城県仙台第一高等学校の化学部と物理部の高校生合計20名でした。宮城県のトップランクの高校、かつ、化学部と物理部所属ということもあって講義の内容に踏み込んだ鋭い質問が多く、非常に利発で将来に期待が持てる有望な学生達でした。今回のセミナーは山田道夫先生(2015年度採択)のアンケートの結果にある「分断されている教科(例えば数学、物理、化学)が大学進学後どのように繋がっていくのか」を意識して準備を進めました。本セミナーを通じて少しでも科学の面白さを伝えられて大学院で行われている先端研究に興味を持って頂けたら幸いです。定員オーバーで参加できなかった方もYoutubeで少しでも最先端研究の一端に触れていただければと思います。また、このような科学セミナーを通じて日本の将来を担う若い世代に、研究職や大学進学への動機や活力になれば嬉しいです。

内容については理解をしてもらうことを優先にかなり噛み砕いて説明しましたので突っ込みどころがありますが、Youtubeのほうを見ていただくと今回のセミナーの様子がわかると思います。また、セミナーの写真をいくつか掲載しておきます。




講義中の写真




実験中の写真


宮城県仙台第一高等学校の化学部と物理部の高校生達との集合写真


今回は実験補助スタッフとして
東北大学原子分子材料科学高等研究機構(WPI-AIMR) 藤田武志准教授
東北大学原子分子材料科学高等研究機構(WPI-AIMR) 杉山一生特別研究員(PD)
東北大学原子分子材料科学高等研究機構(WPI-AIMR) 韓久慧(Jiuhui Han)東北大学総長特別奨学生(博士課程)
のサポートを受けて開催されました。


最後に、お忙しい中来ていただいた一高生の皆様、準備を手伝ってくださった顧問の先生、AIMRアウトリーチの皆様、国際科学技術財団皆様ありがとうございました!
そして宣伝ですが、東北大学オープンキャンパス片平祭りでも同じようなデモンストレーションを行います。今回機会を逃した方、興味が出た方、是非片平祭りではWPI-AIMRの研究所に見学に来てください。

伊藤良一

4 件のコメント:

  1. 伊藤先生、
    なかなか良かったと思います。高校生の段階では、それぞれの学科科目としての物理や化学、生物などの世界しか見えていないはずです。
    いざ、研究者になると教科書を通じて見えるそれぞれの科目の狭い世界だけではなく、それぞれが複雑に絡み合った世界の中を歩いていくのだという事を大変わかりやすく説明してくれて、納得性がありました。

    そのうえで、研究者としての人生にあこがれを持ってくれる人が一人でも増えることが我々のこの活動の第一目標です。

    ご協力頂きありがとうございました。

    返信削除
  2. お疲れ様でした。遠方よりお越し頂き、ありがとうございました。また機会がありましたら本研究所のアウトリーチと協力して科学を盛り上げていただけたらと思います。

    返信削除
  3. 理系の高校生は、そもそも科目そのものに興味があるので、その子供たちの気持ちの中に科学を勉強するということに対する”コア”というか”確信”を根付かせるのに、このようなセミナーは役に立つと思います。
    『科学っておもしろいなあ~』もいいのですが、’興味’を超えた、’関心’を育て、ワクワクするような興奮を持たせるのが、小学校高学年までとして、それ以上の年齢の子供たちに対しては、考える方法論も含めて教える方も
    真剣に対峙する事が必要ですね。
    また、チャンスがありましたら。。。

    ところで、返却いただいたレーザーポインターですが、
    電池を入れ替えても、動かない状態です。困った。。。

    返信削除
  4. 次のチャンスはないと思いますが、色々勉強をさせていただきました。私的意見ですが、セミナーをどのように作るか要点をまとめたレジュメなどを授与式のときに配布してはいかがでしょうか?研究者は一般向けセミナーで何を求められているかわかりませんので(精神的な)負担が減ると思います。

    お借りしたレーザーポインターは残念です。アウトリーチにご連絡ください・・・。

    返信削除