次世代型革新高出力蓄電池
「金属触媒フリーリチウム空気電池」の開発

伊藤 良一
(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構(AIMR) 助教)

2016年1月25日月曜日

さきがけ成果の特許申請

通常、科研費などの研究費で得られた研究成果は学会発表や論文発表をして年度末に成果報告を行うのですが、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)から頂いてる研究費を使っている場合は科研費などとは研究成果報告のプロセスが異なります。JSTからのプロジェクト研究では、論文発表をする前にまず特許申請を先に済ますのが大前提になっています。これは論文発表を先にしてしまうと「公知」になってしまい、特許性が失われ特許申請が出来なくなるからです。また、JSTは税金で行われた研究成果はきちんと社会に還元するという方針に則ってるからでもあります。

私も2015年10月から開始したJST-さきがけ「エネルギーキャリア」研究領域の成果がまとまりつつあるので論文発表の前に特許出願準備を行っています。特許出願は大学の知財部門と弁理士(有料)の力を借りますが、研究者個人が色々がやらなければならず、不慣れなルールと日本語で書かれているのに何が書いているかよくわからない書類の山です。税金でまかなわれている研究費を適切に運用することは研究以外の責任が増え、社会的責任を果たすために忙しくなるのだなと感じる日々でした。

伊藤良一

3 件のコメント:

  1. 伊藤のおぢさんへ

    負けるなおぢさん
    「偉い人間」なんかこの世にひとりもいないよ
    偉い人間にならなくていいから
    競争社会を勝つんだ
    お誕生日おめでとうございます
    おぢさん

    国領のおばさんより

    返信削除
  2. 特許は慣れないと面倒ですね.
    英数字が全角という時点で嫌ですし,単位の前にスペース入れるクセとか,化合物の表記法とか,本当に嫌です.
    私の場合は,提携企業に依頼して共同出願することが多いので,実施例と請求項以外は任せてしまいますが,単独ではそうも行きませんしね.

    返信削除
    返信
    1. 特許はしんどいですね。弁理士にお願いしました。3回目の弁理士さんなのでこちらの癖を理解していてくれて助かります。一番しんどいのは受理後の維持費ですね・・・。

      削除