次世代型革新高出力蓄電池
「金属触媒フリーリチウム空気電池」の開発

伊藤 良一
(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構(AIMR) 助教、現在、筑波大学 数理物質系 准教授

2018年6月28日木曜日

腐食しない卑金属電極プレスリリース

筑波大学独立後第二弾として「酸性中で腐食しない卑金属電極」の開発を行いました。通常卑金属は酸性の中ではすぐに溶解して電極や触媒など使用できません。今回開発した卑金属はグラフェンを保護膜として採用し表面状態を制御することで酸性条件下でも腐食しない電極として機能させることに成功しました。これにより、酸性条件下では主に白金などの腐食しない貴金属を用いられている材料を卑金属に置き換えることができ、材料費の低コスト化が見込めます。腐食しない卑金属というコストの安い電極の開発を通じて水素社会への貢献に繋がれば願います。

詳しい内容はプレスリリースをしていますので見やすいこちらをご覧ください。
原著論文は有料ですがACSジャーナルで公開されています。


伊藤良一

0 件のコメント:

コメントを投稿